体重を落とすサプリを飲めば簡単!

 

体重が落ちない人と落ちる人の違い

 

 

太りやすい人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。同じ食生活を送っていてもどんどん体重が増えてしまう人もいればそうでない人もいます。こうした人の違いというのはどこにあるのかといえば、ひとつは「元の体重」です。

 

現在の自身の年齢とそれに応じた平均体重というものを確認してみましょう。その平均体重を大きく上回っている人であれば、その分早く体重を減らすことが可能です。それとは逆に、平均体重に近い体重の人の場合は、そこからさらに体重を減らすことが難しくなります。

 

女性に関しては、生理中はなかなか体重が減りにくい傾向にあるようです。生理中というのは、女性の体が保護されている状態ともなっており、ダイエットの効果が実感しにくい状態でもあります。

 

体質的に冷え性であるという人の場合も体重を落とすことが難しい状態です。同じ運動であっても冷え性の人のが消費するカロリーが少なく、体が温まるのが遅い傾向にあります。

 

体温が上昇しなければその分脂肪が燃焼されず、ダイエットとしての効果も期待できません。そのため、もしも自身が冷え性ということであれば、体重を落とすためにまずは体質改善に取り組んでみてはいかがでしょう。

 

普段からとにかく体を冷やさないように心がけ、食生活にも気を配る、こうした地道な積み重ねが体質改善につながり、結果として太りにくい体を作ることになります。太りにくい人に対して羨ましいと思う気持ちは自然なことです。すぐに体質改善はできませんが、目標をもってしっかりと取り組みましょう。

 

効率良く体重を落とすために!

 

体重を落とすための最も効率的な方法は、できることを組み合わせる、というものです。たとえば運動だけでカロリーを減らすのではなく、食生活の改善も組み合わせて体重を落とすといった方法がおすすめです。運動だけでカロリーを落とそうとすれば、どうしても無理な運動になってしまい、かえって体にとって悪影響になる危険性があります。

 

そのため、運動と食事とを組み合わせて無理なく続けるというのがこの方法の主旨です。食事と運動とを組み合わせたダイエット方法では、以下のような流れで一日を過ごしてみましょう。

 

まず、朝起きると水を飲みます。その後朝食をとり、昼食では栄養があるものをしっかりと食べるようにしましょう。運動はその後夕食までの間に体を動かすようにします。夕食についてはできるだけ早い時間帯に食べること、そしてあまりカロリーの高いものは選ばないようにしましょう。また、カロリーが高い場合はカロリーの低いダイエットシェイクに置き換えると効果的です。参考:ダイエットシェイクランキング

 

ダイエットで重要なことは、とにかく無理なく続けることにあります。自分が無理なく続けることができる方法を組み合わせて試してみる、これがダイエットの基本です。

 

一日に水を2リットル飲むという程度であれば、それほど難しいことではないでしょう。一度にまとめて行うことができるダイエット方法では半身浴で体を温めて脂肪を燃焼させるという方法もあります。

 

運動することがどうしても難しいということであれば、食事などで改善できる方法を探すということも大切です。ただ闇雲に体を動かせばそれで良いというわけではなく、現在の自身の生活を見なおして、どうすれば最も効率的なダイエットができるかを考えてみると良いでしょう。

足のむくみを解消する方法!

足がむくんでしまっていると、足が太く見えてしまいますので、足のむくみを取り除いて足をスマートに見せたいものですよね。その足のむくみを取り除くための方法というのは複数ありますが、その一つである足枕のお話をしたいと思います。

 

・足はどうしてむくむ

 

足がむくんでしまいやすいということは、血液の流れが悪くなってしまっているということが考えられます。心臓から血液が送られ、酸素などを細胞に送ったら、再び心臓に送られることになります。足などのような下半身に供給された血液というのは、下半身で必要ない水分を取り込んで心臓に送られます。

 

足の筋肉というのは、この下半身の血液を送るために必要になっています。筋肉を伸縮させることによって、ポンプのように送り返しているのです。ですが、運動不足になっていたり、筋肉が疲れてしまっていると、ポンプとしての力も低下してしまうことになります。これによって、正常に血液を送り返すことができなくなってしまって、下半身に血液や水分が蓄積されてしまいます。

 

特に長時間事務をしていたり、立ったまま仕事をしていると、足の筋肉をあまり動かさない上に疲れさせてしまいます。そのため、ポンプとして機能しにくくなってしまって、むくみが生じてしまいます。

 

人間というのは、常に地球の重力の影響を受けているのですが、その重力に逆らって、上半身の心臓に血液や水分を送らなくてはなりません。ですので、寝ているときに、枕など出足を心臓より高い位置にしておくことによって、重力に逆らわずに下半身にたまった水分などを心臓に送ることが出来るようになります。

 

さらに、血液の流れもよくなり、老廃物などを排出しやすくすることも可能になります。では、脚枕をするときには、何cmくらい高くするべきなのでしょうか?

 

基本的に、足を心臓よりも15cmから20cmほど高くするのが望ましいとされています。足首の下に枕などを入れて、心臓よりも高くして練るようにしましょう。

 

このときに膝の下を圧迫してしまっていると血液の循環が悪くなってしまいますので柔らかい枕などを使って寝るようにしてください。枕がないのであれば、バスタオルなどを使っていくというのもいいでしょう。

 

また、この方法は腰に負荷をかけてしまいますので、腰痛の人はあまり足枕を使った方法はしないようにした方が良いでしょう。

 

アカルイミライで放映された便秘解消した内容

 

7月29日放送のTBS「衝撃速報!アカルイミライ」は、「予約が取れない人気外来SP!」でした。その中でも特に反響が高かったのが、初診の予約が3年待ちという超人気の「便秘外来」、順天堂大学医学部付属の順天堂医院の小林弘幸教授の外来でした。

 

小林先生は、日本で初めての便秘外来を設置した先生として著名な方です。便秘外来を受診される方は年に2000万人もいるそうですが、この中の95%の人が実際に便秘が解消されたというので、驚きです。

 

先生の提唱される主な原因はやはりストレス、生活習慣、運動不足、睡眠不足、座り仕事が多いなどでした。これらが原因となり、腸のコントロールをしている副交感神経の働きが鈍くなり便秘になるということでした。

 

副交感神経は自律神経の1つで、腸のコントロールの他に体の修復という大変重大な役割を果たします。副交感神経を活発にさせる為に、先生がおすすめしているのが、呼吸法です。

 

鼻から息をゆっくり吸い込み、吸い込んだ時間の倍の時間をかけて、もっとゆっくり口から吐き出す、というものです。脳と体にたっぷりの酸素を送ってあげることで体がリラックスし、副交感神経が活発になるのです。

 

これ以外にも小林先生は「ため息をつく」こともおすすめしています。ため息は落ち込んだ時に出てくるマイナスのイメージがありますが、実はストレスを発散するのにとても効果的です。小林先生に直接見て頂くことは難しくても、先生のアドバイスを実践するのは簡単ですので是非やってみましょう。

 

もっと詳しく>>>便秘に効くサプリのおすすめは?

 

更新履歴